いちご栽培用の高設ベンチを解体し組み立てました

「いちご栽培用の高設ベンチを改善したい」という依頼があり、高設ベンチを設置しました。

その様子をかんたんにご紹介します。

今回は3名のスタッフで作業しました。

まずは昔から使っている2列タイプの高設ベンチを分解します。

高設ベンチから直管パイプを外して分解します。

その後、溶接された直管パイプを決まった形に切断しました。

※作業中は手袋を着用しましょう

そして、あらかじめ作成した設計図に従って、高設ベンチを組み立てていきます。

今回のいちご用高設ベンチには、ハウス資材や建築用資材を使用しました。

高設ベンチの骨組みが完成したら、次はシートを設置します。

シートを設置したら、最後に培地を充填。

こちらのいちご農園では、五種類の培地を使用しました。

弊社ではオーダメイド式で高設ベンチを設計し、施工しています。

農園ごとに最も適した高設ベンチを設計するので、理想のベンチが作れます。

例えば、このような要望があればぜひご連絡ください。

・できるだけ低コストな高設ベンチがほしい

・二段式の高設ベンチを使いたい

・ひな壇式のベンチを導入したい

・とにかくイチゴの味にこだわりたい

・作業性を今よりも良くしたい

・他の農園とは違うオリジナルな高設ベンチを作りたい

・いちご狩りでお客様から喜ばれる高設ベンチがほしい

・一列だけ高設ベンチを試してみたい

・培地の入れ替えを楽にしたい

・IoT機器を高設ベンチに組み込みたい

 

高設ベンチに関するお問い合わせは、こちらからお願い致します。

お気軽にお問い合わせください。