※本ページはプロモーションが含まれています

いちご栽培の萎黄病対策におすすめの農薬を紹介します。

萎黄病は炭疽病ほど有名ではないですが、炭疽病と同じくらい危険な病気です。

以下のカテゴリごとに萎黄病におすすめの農薬や農薬の特徴を紹介します。

  1. 育苗期間中におすすめの浸漬と灌注
  2. 農薬を使わない萎黄病予防

いちごを栽培していて萎黄病に悩まされている人は、ぜひ最後までお読みください。

いちごの萎黄病の症状

最初にいちごの萎黄病について紹介します。

いちごの萎黄病は葉が左右非対称になる

いちごの萎黄病の初期症状は、葉の小葉の大きさが左右非対称になります。

その後、生育が悪くなり酷いと枯れます。

初期症状を見逃さなければ、見つけやすい病気です。

萎黄病になると生育が悪くなり収穫量が減る

萎黄病になると生育が悪くなり収穫量が減ります。

症状が酷くなるといちごの株が枯れます。

いちご栽培の萎黄病に有機栽培でも使える農薬

いちご栽培の萎黄病に適用がある農薬を紹介します。

有機栽培でも使える殺菌剤

いちごの萎黄病に効果がある農薬で、有機栽培でも使える農薬はありません。

いちご育苗期間中におすすめの萎黄病対策の農薬

いちご育苗期間中におすすめの萎黄病対策の農薬を紹介します。

いちごの萎黄病は、育苗ハウスでも本圃ハウスでも発生します。

育苗期間中は花が咲かないので、受粉昆虫に悪影響がある農薬を優先的に使用してください。

育苗期間中は天敵製剤を使用しないことが多いので、天敵製剤に悪影響がある農薬を優先的に使用してください。

ミツバチやクロマルハナバチなどの受粉昆虫に悪影響がある農薬は、育苗期間中に使用するようにしてください。

育苗期間中は本圃で使えない農薬や使いにくい農薬を優先的に使ってください。

育苗期間中の萎黄病対策の農薬散布頻度

いちごの苗作りをするときに、萎黄病対策の浸漬処理がおすすめです。

いちごの育苗期間中におすすめの農薬リスト

いちごの育苗期間中におすすめの農薬を紹介します。

育苗期間中は、炭疽病や疫病も発生しやすいです。

萎黄病に効果がある農薬の系統とFRACと有効成分

農薬名系統FRAC有効成分
トップジンM水和剤MBC殺菌剤B1チオファネートメチル
ベンレート水和剤MBC殺菌剤B1ベノミル

萎黄病に効果がある農薬の特徴

トップジンM水和剤は、うどんこ病にも効果があります。

ベンレート水和剤は、炭疽病にも効果があります。

萎黄病向け農薬の処理方法

トップジンM水和剤とベンレート水和剤は、いちごの萎黄病に対して以下の処理方法が使えます。

浸漬処理は薬液の中に苗を沈めます。

灌注は株元の土に薬液を注ぎます。

農薬名時期処理方法
トップジンM水和剤仮植前1時間 苗根部浸漬
トップジンM水和剤仮植時及び仮植栽培期灌注
ベンレート水和剤仮植前1~3時間 苗根部浸漬
ベンレート水和剤本圃定植後(収穫30日前まで)灌注
ベンレート水和剤育苗期灌注

いちごの育苗期間中におすすめの農薬

こちらの農薬がおすすめです。

いちごの苗の定植時に植穴混和する粒剤

いちごの苗を定植するときに萎黄病対策として植穴混和できる農薬はありません。

いちごの収穫期間中の散布におすすめな萎黄病の薬剤

いちごの収穫期間中に萎黄病対策として散布できる農薬はありません。

そのため、育苗期間中に浸漬や灌注により萎黄病を防ぎましょう。

農薬を使わないいちごの萎黄病対策

農薬を使わないいちごの萎黄病対策を紹介します。

ウイルスフリー苗(メリクロン苗・茎頂培養苗)を親株に使用

萎黄病はランナーを介して親株から子苗に伝染します。

いちごは茎頂培養処理をして、ウイルスフリー化をすると、萎黄病を取り除くことができます。

ウイルスフリー苗や茎頂培養苗、メリクロン苗と呼ばれる苗を購入すると、萎黄病を保菌していない親株を育苗に使えます。


ウイルスフリー苗は楽天市場でも買えます。


種子繁殖型品種よつぼしの播種苗を使う

いちごの中には、種子で苗を増やせる品種があります。

種には萎黄病が侵入しないので、種子から苗を育てると萎黄病を保菌していない苗を作れます。

種から育てた苗は、種子播種苗やプラグ苗と呼ばれています。

種から育てられる品種は種子繁殖型品種と呼ばれていて、3つの品種があります。

  • よつぼし
  • ベリーポップはるひ
  • ベリーポップすず

かたつむりポットと点滴チューブ

かたつむりポットと点滴チューブを使うことで、頭上潅水をやめることができます。

萎黄病は頭上潅水による泥の移動により感染が広がるので、萎黄病の感染が広がるのを防ぐことができます。

ただし、親株が萎黄病を保菌している場合は、その親株からランナーを介して子苗に感染します。

そのため、萎黄病を保菌していないクリーンな親株が必須です。

育苗ベンチで泥の跳ね返りを防ぐ

いちごの育苗をするときは苗を地面に置かずに、育苗ベンチの上に起きましょう。

育苗ベンチを使うことで、苗の潅水のときに泥の跳ね返りを防ぐことができ、萎黄病が伝染しにくくなります。


育苗器具を塩素で殺菌する

育苗器具は洗浄してから、塩素で殺菌しましょう。

農業用の器具殺菌剤はケミクロンGがおすすめです。

土壌を薬剤で殺菌する

萎黄病の病原菌は土の中に生息し、土を介して伝染します。

そのため、萎黄病が発生した場合は土を必ず殺菌してください。

クロルピクリンやキルパーを使って土壌殺菌をしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

土壌病害虫薬剤 キルパー 20L
価格:18,300円(税込、送料無料) (2023/10/6時点)


萎黄病の症状が現れたら苗を廃棄する

もし苗に萎黄病の症状が現れたら、治療するのは諦めてすぐに苗を廃棄してください。

症状が現れた苗の周辺に置かれていた苗も保菌している可能性があるので、周辺の苗も一緒に廃棄するのがおすすめです。

萎黄病の症状は以下のような症状です。

  • 葉が左右非対称になる
  • 小葉の一部が小さくなる
  • 小葉の一部が黄色くなる
  • 苗の生育が悪くなる
  • 苗が枯れる
  • 葉が黄化する

萎黄病の症状は炭疽病や疫病の症状に似ているので、間違える場合が多くあります。

根腐れ病っぽく見える場合もあり、根腐れ病と間違えられる場合もあります。

農薬を使用するときの注意点

農薬を使用するときの注意点を説明します。

農薬は使用ルールを守ってお使いください。

農薬の適用などの最新情報を確認する

こちらのページで紹介している情報は誤っている可能性や古い可能性があります。

正式な情報は商品の公式サイトやメーカーにお問い合わせしてご確認ください。

こちらのサイトでは一切の責任を負いかねます。

複数の系統の農薬でローテンション散布をする

農薬には商品名とは別に、有効成分があります。

その有効成分は、数十個の系統に分類されています。

1つの系統に複数の有効成分があり、複数の農薬が存在します。

同じ1つの系統の農薬を連続して使用すると、病気や害虫がその有効成分に対して抵抗性を獲得しやすいです。

病気や害虫が抵抗性を獲得すると、その農薬が効きにくくなります。

そのため、農薬を散布するときは1つの系統を連続して使用せずに、複数の系統の農薬をローテンションしながら散布してください。

農薬の系統は「作用機構分類(RACコード)」を確認することで、どの系統の農薬か判別できます。

展着剤を混用するか判断する

展着剤を使用することで効果が高くなることが多いので、展着剤の使用を推奨します。

ただし、農薬の中には展着剤を使用しても効果がない農薬や使用すると薬害が発生する農薬があります。

展着剤を混ぜても良いかどうかは商品の公式サイトやメーカーにお問い合わせしてご確認ください。

混用や高温、低温などで薬害が発生するリスクがある

複数の農薬との混用や高温や低温によって、薬害が発生することがあります。

薬害とは、葉やガクの焼け、果実の汚れなどです。

ミツバチやクロマルハナバチに悪影響がある

農薬はミツバチやクロマルハナバチなどの受粉昆虫に悪影響があることがあります。

悪影響が出ると、ミツバチやクロマルハナバチが大量に死んだり、イチゴの花に寄りつかなくなります。

カブリダニなどの天敵製剤に悪影響がある

農薬はカブリダニなどの天敵製剤に悪影響があることがあります。

悪影響が出ると、カブリダニなどの天敵製剤が死にます。

いちごの萎黄病の本

いちごの萎黄病のことを勉強したい人には、こちらの本がおすすめです。

いちご栽培の萎黄病予防と治療におすすめ農薬まとめ

今回はいちご栽培で萎黄病予防と治療に使用するおすすめの農薬を紹介しました。

萎黄病で悩んでいる方は参考にしてみてください。

いちごの害虫対策におすすめの農薬

いちご栽培のアブラムシ駆除に効くおすすめの登録農薬【気門封鎖型、回数制限なし、天敵製剤】

※本ページはプロモーションが含まれています いちご栽培のアブラムシ駆除におすすめの農薬を紹介します。 以下のカテゴリごとにアブラムシ駆除におすすめの農薬や農薬の特徴を紹介します。 いちごを栽培していてアブラムシに悩まされ […]

いちご栽培のアザミウマ駆除に効くおすすめの登録農薬【ヒラズハナ・ミカンキイロ殺虫剤・天敵スリップス】

※本ページはプロモーションが含まれています いちご栽培のアザミウマ駆除におすすめの農薬を紹介します。 以下のカテゴリごとにアザミウマ駆除におすすめの農薬や農薬の特徴を紹介します。 いちごを栽培していてアザミウマに悩まされ […]

いちご栽培のハダニ防除に効くおすすめのダニ剤農薬【気門封鎖型,回数無制限,天敵製剤,UV-B】

※本ページはプロモーションが含まれています いちご栽培のハダニ駆除におすすめのダニ剤農薬を紹介します。 以下のカテゴリごとにハダニ駆除におすすめの農薬や農薬の特徴を紹介します。 いちごを栽培していてハダニに悩まされている […]

いちご栽培のホコリダニ駆除に効くおすすめのダニ剤農薬【使用回数無制限・天敵製剤】

※本ページはプロモーションが含まれています いちご栽培のホコリダニ駆除におすすめのダニ剤農薬を紹介します。 以下のカテゴリごとにホコリダニ駆除におすすめの農薬や農薬の特徴を紹介します。 いちごを栽培していてホコリダニに悩 […]

いちご栽培のナメクジ駆除に効く農家におすすめの農薬【スラゴ粒剤と植物に使えない庭用の薬】

※この記事にはプロモーションが含まれています いちごを栽培している人は、ナメクジに実を食べられて悩んでいる人が多いと思います。 ナメクジはイチゴの実に1〜3cm程度の丸い穴を開けて、実を食べます。 そこで今回はナメクジ駆 […]

いちごの病気対策におすすめの農薬

いちご栽培のうどんこ病の予防や治療に効くおすすめの農薬【殺菌剤・使用回数無制限・浸漬】

※本ページはプロモーションが含まれています いちご栽培のうどんこ病対策におすすめの農薬を紹介します。 以下のカテゴリごとにうどんこ病におすすめの農薬や農薬の特徴を紹介します。 いちごを栽培していてうどんこ病に悩まされてい […]

いちご栽培の灰色かび病の予防や治療に効くおすすめの農薬【殺菌剤・使用回数無制限・電解次亜塩素酸水】

※本ページはプロモーションが含まれています いちご栽培の灰色かび病対策におすすめの農薬を紹介します。 以下のカテゴリごとに灰色かび病におすすめの農薬や農薬の特徴を紹介します。 いちごを栽培していて灰色かび病に悩まされてい […]

いちご栽培の炭疽病の予防や治療に効くおすすめの農薬【殺菌剤・使用回数無制限・炭そ病】

※本ページはプロモーションが含まれています いちご栽培の炭疽病対策におすすめの農薬を紹介します。 以下のカテゴリごとに炭疽病におすすめの農薬や農薬の特徴を紹介します。 いちごを栽培していて炭疽病に悩まされている人は、ぜひ […]

いちご栽培の疫病の予防や治療に効くおすすめの農薬【殺菌剤・診断方法】

※本ページはプロモーションが含まれています いちご栽培の疫病対策におすすめの農薬を紹介します。 疫病は炭疽病ほど有名ではないですが、炭疽病と同じくらい危険な病気です。 以下のカテゴリごとに疫病におすすめの農薬や農薬の特徴 […]

いちご栽培のじゃのめ病の予防や治療に効くおすすめの農薬【蛇の目病・農薬を使わない対策】

※本ページはプロモーションが含まれています いちごを育てていると、じゃのめ病という病気が発生することがあります。 そこで今回は、いちご栽培のじゃのめ病対策におすすめの農薬と農薬を使わない対策を紹介します。 いちごを栽培し […]

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ