今回はいちご農園の事業計画書について説明します。

  • 事業計画書って何?
  • 事業計画書はどうやって作ったら良いの?
  • 事業計画書には何を書くの?

こんな悩みや疑問をお持ちの方は、ぜひ最後までお読みください。

いちご農園の事業計画書の目的

いちご農園の事業計画書は、いちご農園の事業計画についてまとめた資料のことです。

WordやExcel、パワーポイントで作ることが多いですね。

事業計画という大きい括りの中に、事業計画書があるという位置づけです。

事業計画書は特に外部の人に事業計画を説明するときに役立ちます。

事業計画の全体像を説明するのは時間がかかりますが、事業計画書でコンパクトにまとめられるからです。

「なぜ事業計画書を作らないといけないの?」と思うかもしれませんが、外部の人に説明するときに役立つのでぜひ作りましょう。

いちご農園の事業計画書の項目

次にいちご農園の事業計画書の項目を紹介します。

  1. 企業の概要
  2. 事業の概要
  3. 従業員などの内部環境
  4. 市場や競合などの外部環境
  5. サービスや商品の概要
  6. 販売戦略やビジネスモデル
  7. 生産方法や栽培計画
  8. 財務計画

このような大項目を作り、その下に中項目、小項目を作っていきます。

いちご農園の事業計画書のポイント

いちご農園の事業計画書のポイントを紹介します。

  • 第三者に見せるので簡潔にわかりやすくする
  • 人・物・金を説明する
  • 図や表、写真を使う
  • 数字を使う

まず、第三者に見せるので、わかりやすいことが大切です。

専門用語や複雑な説明はやめて、わかりやすい言葉や説明を意識しましょう。

どんなビジネスでも「人・物・金」が重要です。

いちご農園の事業計画書でも、「人・物・金」については詳しく書きましょう。

図や表、写真を使ってビジュアルで説明しましょう。

その方がいちご農園について詳しくない人でも理解しやすいからです。

数字を使って資料を作ると説得力が増します。

形容詞よりは数字を使うように

いちご農園の事業計画書まとめ

今回はいちご農園の事業計画書について説明しました。

事業計画書は第三者に説明するときに役立ちます。

事業計画がある程度できたら、事業計画書を作りましょう。