今回はいちご農園の経営戦略について説明します。

経営戦略は、自社分析を生かして作ります。

  • 経営戦略って何?
  • 経営戦略の目的は?
  • 経営戦略は何をするの?

このような疑問や悩みをお持ちの方は、ぜひ最後までお読みください。

いちご農園の経営戦略とは?

いちご農園の経営戦略とは、いちご農園の経営を成功させる大きな方針のことです。

経営戦略は細かな計画のことではありません。

自社の強みを生かして、優位な条件で競合他社に勝てるように、どこで競うのかを考えることです。

逆に言うと、「どこで競わないか?」を考えることでもあります。

いちご農園の経営戦略の構成要素

いちご農園の経営戦略はこれらの構成要素があります。

  1. ドメイン定義
  2. 資源展開
  3. 競争優位性
  4. シナジー

ドメイン定義で、どの事業領域で競うのを決めます。

資源展開で、どのリソースをどれくらい投入するのかを決めます。

競争優位性で、競合他社と自社を比較して、優位なポジショニングを探します。

シナジーで、自社のリソースや既存事業、協力会社との相乗効果(シナジー)を探します。

いちご農園の経営戦略の階層

いちご農園の経営戦略には階層が存在します。

  1. 全社戦略
  2. 事業戦略
  3. 機能別戦略

全社戦略では、企業としての戦略を考えます。

事業戦略では、農業事業部や建設事業部、飲食事業部のように事業ごとに戦略を考えます。

機能別戦略では、人事部や営業部、マーケティング部などのように部署ごとに戦略を考えます。

いちご農園の経営戦略の7つの種類

いちご農園の経営戦略には主に7つの種類があります。

  1. 差別化戦略
  2. 集中戦略
  3. 価格戦略
  4. 多角化戦略
  5. ドミナント戦略
  6. ランチェスター戦略
  7. ブルーオーシャン戦略

差別化戦略とは、競合他社の製品やサービスと差別化を図ることです。

集中戦略とは、リソースを一つのことに集中させることです。

価格戦略とは、製品やサービスの価格を変えることで、優位性を保つことです。

多角化戦略とは、複数の事業を構築して、優位性を保つことです。

ドミナント戦略とは、一つの地域に複数のお店や農園を出店して、優位性を保つことです。

ランチェスター戦略とは、弱者の立場から差別化や集中を行い、優位な立場に立つことです。

ブルーオーシャン戦略とは、誰も参入していない領域で事業を行うことで、優位な立場に立つことです。

いちご農園の経営戦略まとめ

今回はいちご農園の経営戦略について説明しました。

いちご農園を経営する上で、経営戦略の策定は欠かせません。

ぜひ経営戦略を作ってみて下さい。

次は、経営戦略を経営計画に落とし込みましょう。